狭くても重要なトイレ

 

一般家庭のトイレの面積は非常に狭く、建売住宅の場合は階段スペースの下に設置されているケースが多いです。この場合、天井が低くなり工事の方法によっては、階段の段差のデコボコがせり出しているような場合も珍しくありません。このように狭いスペースに押し込まれているトイレですが、家の中で一番重要なスペースであることは言うまでありません。トイレがないと人間は生きていけません。生理的現象ですから、どこかで排出しなければいけないのです。

その場所がトイレです。最近のトイレは進化しています。ウォッシュレットに代表される多機能トイレが人気を呼んでいるように、トイレにいる時間というものは大切な時間です。また、いかにトイレにいる時間を快適にするかも大切になっています。また、脱臭機能やお尻を洗ってくれる機能が重要になっており、衛生陶器メーカーの腕の見せ所にもなっています。昔のトイレは、ボッチャントイレと呼ばれるような汲み取り式のトイレでした。

今でも、古い田舎の駅などでごくたまに見かけることがありますが、流れていく先の深い穴が不気味に見えます。このようなレトロなトイレも現在では姿を消し、水洗式のトイレに代わっています。水洗式のトイレも、ただ単に水で流すだけではなく、水流を工夫することで汚れが便器に付着しないようにしたり、節水したりする工夫がされています。快適なトイレのために、便器のみならず室内の壁などを脱臭・抗菌仕様にすることも増えてきました。案外滞在時間が長いトイレですから、快適に過ごしたいものです。

▽注目サイト
最新機種のトイレ(便器)を格安で販売している専門の通販サイトです → トイレ(便器)